ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ

ISO審査登録・JIS製品認証・GHG排出量検証

日本検査キューエイ株式会社

HOME  >  ISO審査登録  >  他機関からJICQAへの登録移転

ISO審査登録

他機関からJICQAへの登録移転

日本検査キューエイ株式会社(JICQA)は、登録移転を実施しています。登録移転とは、JICQA以外の審査登録機関に従来から登録されている各種マネジメントシステムを、JICQAの登録へ切り替える方法のことです。登録移転フローはこちらをご参照ください。

  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ

登録移転の対象

現在登録されている審査機関がJAB、UKAS、ANAB等IAF相互承認協定(MLA)の加盟メンバーである認定機関から認定され、認定の一時停止前に登録し、かつ、登録が維持されている場合が、登録移転の対象となります。
JICQAが認定を得ていない認証規格も含みます。

登録移転の対象とならない場合

次の場合は、有効な認定とは認められず、初回審査、またはこれに準じた取り扱いとなります。

  1. 有効な認定を受けていない審査機関による登録
  2. 審査登録業務を中止した審査機関が発行した登録
  3. 認定が失効、一時停止若しくは取り消された他審査機関による登録

登録移転の手続き及び料金

登録移転の手続き及び料金に関しては、以下の通りです。

  1. 登録移転申請の際、ご提出頂いた資料に基づき、有効な認定による登録か否かの判断(有効性判断)を行います。
  2. 有効と判断された場合、書類による確認(文書レビュー)を行います。
  3. 文書レビュー及び登録料等、登録移転の料金は、基本的に無料です。(*1) (*2)
  4. 有効性判断、文書レビュー、又は現地訪問で、マネジメントシステムの有効性に疑問が生じた場合には、初回審査、またはこれに準じた取り扱いとなり、料金が必要となります。
(*1)
文書レビューにより、以前の審査が完結していないことが判明した場合、現地訪問を実施します。現地訪問は有料となります。
(*2)
AS-QMSの場合、有料の登録移転審査を実施します。加えて、AS-QMSのIAQG-OASISデータベースへの登録に関し、登録組織に対するIAQG-OASISデータベース登録料がJAQG(航空宇宙品質センター)からJICQAに請求されますので、JAQG会員区分に応じお支払頂きます。

JICQA登録証の発行

登録の有効期限は、原則として従来のものが引き継がれます。

登録移転フロー

登録移転フロー

ISO審査に関するお問い合わせ・資料請求・見積依頼は下記よりお申し込みください。

  • お問い合わせ電話番号 03-5541-2752 受付時間9時15分〜17時30分(除土日祝日)
  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ
このページのトップへ