ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ

ISO審査登録・JIS製品認証・GHG排出量検証

日本検査キューエイ株式会社

HOME  >  ISO審査登録  >  ISO22301

ISO審査登録

ISO22301

(事業継続マネジメントシステム)

事業継続マネジメントシステム(Business Continuity Management System, BCMS)規格としては、これまでBS25999-2が適用されていましたが、それに代わる規格としてISO22301が2012年5月に発行され、2013年10月にJISQ22301としてJIS化されました。

  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ

JICQAのISO22301審査の特色

継続的な改善に貢献できる審査・登録
専門の審査チームが初回〜更新審査まで3年間継続して担当

  • BCMS審査に2008年から取組んでおり、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)よりBS25999-2の認定(2011年1月)及びISO22301(2013年1月16日)を受けています。
  • 審査チームリーダーは原則初回審査から更新審査まで3年間、継続して担当し、お客様のマネジメントシステムの継続的な改善に着目した審査を提供します
  • 審査員は、幅広い見地からお客様のBCMSを審査できるように、ISO22301だけではなく、ISO9001(品質)、ISO27001(情報セキュリティ)等の複数のマネジメントシステムの審査員資格を有しております。
  • BCMS(ISO22301)と他のマネジメントシステム(ISO9001、ISO27001等)を統合されたお客様の審査にも対応できる審査員を揃えております。

JICQAの審査プロセス

当社の審査プロセスを以下に示します。詳しくは資料をご請求ください。

6カ月から8カ月

  • 見積作成依頼書のご記入
    見積作成依頼書はこちらから入手できます。ご記入後、営業部までFax等でご提出下さい。
  • 見積書のご検討
    見積内容でご不明な点がございましたら、営業部までお問い合わせください。
  • 審査登録のお申し込み / ご契約
    マネジメントシステム審査申請書等をご提出下さい。
  • 審査チームリーダー決定
    幅広い専門性、高い審査技術を持つチームリーダーを選定します。
  • 第1段階審査
    BCMS構築状況(特にマネジメントシステム手順に基づき策定された実行計画(事業影響度分析、リスクアセスメントの実施状況、事業継続計画の構築状況))の確認と第2段階審査で不適合が懸念される領域(懸念領域)の特定を目的に行います。
  • 第2段階審査
    組織が自ら定めた方針、目的、手順、運用状況の確認、実作業の観察等により、文書化された手順が理解され、実施され、維持されていることを確認します。
  • 登録決定会議
    初回審査報告書に基づいて、適用規格への適合性について審議し、登録の可否を決定します。
  • 登録証発行
    登録の決定後、登録証(有効期間は登録日から3年間)を発行します。
  • サーベイランス審査
    少なくとも年1回、定期的に組織を訪問し、組織のBCMSがISO22301の要求事項について引き続き適合し、維持されていることを確認します。
  • 更新審査
    3年に1回、組織のBCMSがISO22301の要求事項に引き続き適合しているかどうかを審査し、また組織のマネジメントシステムの有効性ならびに登録範囲の適切性についても確認し、評価します。
  • 登録決定会議
    更新審査の審査結果に基づき、登録の有効期限満了日までに登録決定会議において登録更新可否の決定を行い、登録更新可と決定した組織の登録証を更新します。

ISO22301の概要

ISO22301は、事業の中断・阻害を引き起こすインシデント(*)の発生に対し、顧客を含めた利害関係者に対する影響を最小限にして、製品/サービスの提供を継続する組織の能力を高めるためのマネジメントシステム規格です。
具体的にはインシデントの発生を予防し、その発生の起こりやすさを低減し、発生に備えます。また発生した場合には、被害を最小限にできるように対応し、製品/サービスの提供を継続または速やかに再開し、被害を復旧します。


(*)インシデントとは、自然災害、国際状況の変化、サプライチェーンにおける事故、自組織内の事故、サイバーテロなど、事業の中断・阻害を引き起こす可能性のあるできごとを意味します。

インシデントの発生への対応

ISO22301のメリット

導入メリット

  • 事業の中断・阻害による被る被害を最小限に抑え、速やかに事業を再開し、被害からの復旧を図れる能力(事業継続能力)を高めることができます。
  • 事業継続能力の向上により、顧客への製品/サービスの提供の中断を最小限にすることになり、顧客を含めた利害関係者の評価が高まり、競争に打ち勝つことができます

審査受審メリット

  • 事業継続能力及びその維持改善活動に対する客観的な第三者評価結果が得られ、事業継続能力の更なる改善を図ることができます。
  • 事業継続能力を高めるマネジメントシステムを運用していることの第三者証明が得られます。

こちらもオススメ

ISO審査に関するお問い合わせ・資料請求・見積依頼は下記よりお申し込みください。

  • お問い合わせ電話番号 03-5541-2752 受付時間9時15分〜17時30分(除土日祝日)
  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ
このページのトップへ