ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ

ISO審査登録・JIS製品認証・GHG排出量検証

日本検査キューエイ株式会社

HOME  >  各種セミナー  >  セミナーに関するお知らせ  >  2017年  >  HACCPコーディネーター養成ワークショップ開催のお知らせ

セミナーに関するお知らせ

HACCPコーディネーター養成ワークショップ開催のお知らせ

 

情報掲載日:2017年04月05日

本件のお問合せ先:  
JICQA公開研修センター事務局
電話:03-5541-2759

 現在、政府は日本再興戦略の柱として、農林水産物・食品の輸出増加を目指しています。また、2020年の東京オリンピックでピークを迎えると想定される外国人観光客への安全・安心な食品の提供は、我が国の誇るおもてなしに欠かせないものです。この2つの大きな流れの中で、海外の安全基準に対応するHACCP*システムは、食品製造業、食品を提供するサービス業には必要不可欠であり、政府はHACCP義務化を検討中です。

 JICQA公開研修センターでは日本HACCPトレーニングセンター(以下JHTC)と共同で、「HACCPコーディネーター養成ワークショップ(以下WS)」を開催します。本セミナーでは、これからHACCPを導入する食品製造業、及び総菜などの調理・製造に関わる流通業を対象に、HACCPシステム構築の実務者・指導者を育成します。皆さまの参加をお待ちしております。

開催要領

◆ 研修内容と研修期日
2日間のWS<5月29日(月)、30日(火)>及びそれに先立つeラーニング(正味学習時間約6時間、1週間から1ケ月)から構成されます
◆ WS開催場所
JICQA公開研修センター 東京会場
◆ WS参加条件
eラーニングによる基礎学習の全プログラムを修了していること。
◆ WS及びeラーニングの内容
こちらをご覧ください。
◆ WS及びeラーニング受講料
74,000円(消費税込み)
内訳:JHTC会員登録費20,000円(非課税、eラーニング受講料含む)+54,000円(WS受講料、消費税込み)
◆ 参加お申込み
こちらから申込みができます。
申し込み締切日は5月15日(月)です。

* HACCPとは、Hazard Analysis and Critical Control Pointの略で、危害分析・重要管理点方式と訳されています。食品の製造・加工工程のあらゆる段階で発生する恐れのある微生物汚染等の危害をあらかじめ分析(Hazard Analysis)し、その結果に基づいて、製造工程のどの段階でどのような対策を講じればより安全な製品を得ることができるかという重要管理点 (Critical Control Point)を定め、これを連続的に監視することにより製品の安全を確保する衛生管理の手法です。

セミナーに関するお問い合わせは下記よりお申し込みください。

  • お問い合わせ電話番号 03-5541-2759 受付時間9時15分〜17時30分(除土日祝日)
  • お問い合わせ
このページのトップへ