ページ内のクイックリンク
  1. このページの本文へ
  2. サイト全体メニューへ
  3. サイト情報メニューへ
  4. お問い合わせへ

ISO審査登録・JIS製品認証・GHG排出量検証

日本検査キューエイ株式会社

HOME  >  ISO審査登録  >  JFS-C

ISO審査登録

JFS-C

(食品安全マネジメント)

JFS-Cとは、一般財団法人食品安全マネジメント協会(JFSM)が公表した日本発の食品安全マネジメント規格です。一般的衛生管理が中心となるA規格、HACCPの実施を含むB規格、国際取引に使われるC規格、と3つのレベルがあります。
本規格の認証スキームは、FSSC22000 等の他の国際的な第三者認証スキームとほぼ同じですが、スキームオーナー、認定機関、認証機関、組織との相互のコミュニケーションを重視している点が特徴です。

  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ

JICQAのJFS-C審査の特色

継続的な改善に貢献できる審査・登録
専門の審査チームが初回〜更新審査まで3年間継続して担当

  • 2016年09月より審査を開始しております。
  • 2001年からHACCPの単独認証、HACCPとISO 9001の統合審査の実施及び2008年からISO 22000の認証、FSSC22000を2011年の認証を実施しており、豊富な実績経験を有しております。
  • お客様のマネジメントシステムを向上させるため、継続的な改善に貢献します。
  • 審査チームリーダーは原則初回審査から更新審査まで3年間担当いたします。
  • 審査員は、JFS-Cだけではなく、FSSC 22000、ISO 9001、ISO 14001、ISO 22000等の2種類以上のマネジメントシステムの審査員資格を有しており、幅広い見地からの審査が可能です。

JICQAの審査プロセス

当社の審査プロセスを以下に示します。詳しくは資料をご請求ください。

6カ月から8カ月

  • 見積作成依頼書のご記入
    見積作成依頼書はこちらから入手できます。ご記入後、営業部までFax等でご提出下さい。
  • 見積書のご検討
    見積内容でご不明な点がございましたら、営業部までお問い合わせください。
  • 審査登録のお申し込み / ご契約
    マネジメントシステム審査申請書等をご提出下さい。
  • 審査チームリーダー決定
    幅広い専門性、高い審査技術を持つチームリーダーを選定します。
  • 第1段階審査
    JFS-Cへの適合性の確認、システム文書の整備状況、対象事業所の現地確認を通して、第2段階審査へ進んでも問題ないかどうかを判断する目的で行います。
  • 第2段階審査
    JFS-Cを満足し、かつ組織自ら定めた方針、目的、手順を順守し、方針及び目的を達成しつつあるかどうかを評価します。
  • 登録決定会議
    初回審査の結果に基づいて、JFS-Cへの適合性について審議し、登録の可否を決定します。
  • 登録証発行
    登録の決定後、登録証(有効期間は登録日から3年間)を発行します。
  • サーベイランス審査
    少なくとも年1回、組織の全てのサイトを定期的に訪問し、組織がJFS-C要求事項に対し引き続き適合し、システムが維持されていることを確認します。
  • 更新審査
    3年に1回、組織がJFS-Cの要求事項に引き続き適合しているかどうかを審査し、また組織のマネジメントシステムの有効性及び登録範囲の適切性についても確認し、評価します。
  • 登録決定会議
    更新審査の審査結果に基づき、登録の有効期限満了日までに登録決定会議において登録更新可否の決定を行い、登録更新可と決定した組織の登録証を更新します。

JFS-Cの特徴

認証基準は、組織に対する要求事項である JFS-E-C 規格となります。この規格はGFSI(Global Food Safety Initiative 世界食品安全イニシアティブ)の承認を目指していることから、要求事項には、GFSI が発行しているガイダンス・ドキュメントで認証スキームに要求されている事項をすべて含んでおり、次の 3 つから構成されています。

画像説明文

本規格は、製造セクターの食品事業者に対する要求事項をまとめたもので、対象カテゴリーは現在は 4 つ(EⅠ:腐敗しやすい動物性製品の加工、EⅡ:腐敗しやすい植物性製品の加工、EⅢ:腐敗しやすい動物性及び植物性製品の加工(混合製品)、EⅣ:常温保存製品の加工)となっています。
JFS-CとFSSC22000との差分は2項目のみ(現場からの改善提案の活用(規格番号 FSM19)、食品偽装防止対策(規格番号 FSM26))となります。参考までに食品偽装防止対策はFSSC22000 の2016年次期改訂に含まれる予定です。

JFS-C導入のメリット

社内的なメリット

  • 従業員の食の安全・安心・信頼への意識向上
  • 食品事業における効率的な生産と全員参加
  • リスクマネジメントを考えた効率的な食の生産
  • 現場からの改善提案の活用を活かした円滑な内部コミュニケーション活動の構築
  • 外部の変化等の情報をキャッチする外部コミュニケーション活動の構築
  • フードディフェンス及び食品偽装防止対応の構築・運営

社外的なメリット

  • 食の安全・安心・信頼を顧客に提供
  • 原料から消費者までのサプライチェーンの管理が可能
  • 最終消費者に安全な食品を届けるためのフードチェーン全体を通じた効果的な情報発信を行う外部コミュニケーション体制の構築
  • グローバルな取引における信頼性の向上

JFS-E‐C規格(組織に対する要求事項)の構成

食品安全マネジメントシステム(FSM)

番号 項目
FSM1 食品安全マネジメントシステム一般要求事項
FSM2 食品安全の方針
FSM3 食品安全マニュアル
FSM4 トップマネジメントの責任
FSM5 トップマネジメントの積極的関与
FSM6 マネジメントレビュー
FSM7 資源の管理
FSM8 文書・記録の管理
FSM9 購入するまたは供給を受ける物及びサービスの仕様の管理
FSM10 手順
FSM11 内部監査
FSM12 不適合への対応
FSM13 是正処置
FSM14 製品のリリース
FSM15 購買
FSM16 サプライヤーのパフォーマンス
FSM17 外注
FSM18 苦情への対応
FSM19 現場からの改善提案の活用
FSM20 重大事故管理
FSM21 測定・モニタリング装置機器の管理
FSM22 食品防御
FSM23 製品表示
FSM24 トレーサビリティ
FSM25 検査
FSM26 食品偽装防止対策
FSM27 検証活動及び結果の分析
FSM28 食品安全マネジメントシステムの更新

ハザード制御(HACCP)

番号 項目
HACCP 手順1 HACCPチームの編成
HACCP 手順2 製品の特徴の確認
HACCP 手順3 製品の使用方法の確認
HACCP 手順4 フローダイアグラム(工程図)の作成
HACCP 手順5 フローダイアグラムの現場での確認
HACCP 手順6 (原則1) 危害要因の分析
HACCP 手順7 (原則2) 重要管理点の設定
HACCP 手順8 (原則3) 許容限界の設定
HACCP 手順9 (原則4) モニタリング方法の設定
HACCP 手順10 (原則5) 是正処置の設定
HACCP 手順11 (原則6) 検証手順の設定
HACCP 手順12 (原則7) 文書化及び記録保持

適正製造規範(GMP)

番号 項目
GMP 1 立地環境
GMP 2 敷地管理
GMP 3 施設・設備の設計、施工、配置及び製造ライン
GMP 4 製造・保管区域の仕様、ユーティリティの管理
GMP 5 装置・器具
GMP 6 保守
GMP 7 従業員用の施設
GMP 8 物理的、化学的、生物学的製品汚染リスク
GMP 9 隔離と交差汚染
GMP 10 在庫の管理
GMP 11 整理整頓、清掃、衛生
GMP 12 水や氷の管理
GMP 13 廃棄物の管理
GMP 14 有害生物防除
GMP 15 輸送
GMP 16 従業員等の衛生及び健康管理
GMP 17 教育・訓練

※JFS-E-C規格の規格要求事項の詳細は、JFSMのホームページこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

ISO審査に関するお問い合わせ・資料請求・見積依頼は下記よりお申し込みください。

  • お問い合わせ電話番号 03-5541-2752 受付時間9時15分〜17時30分(除土日祝日)
  • 見積り依頼
  • 資料請求
  • お問い合わせ
このページのトップへ